「長年住み慣れた地域や我が家で家族と共に暮らしたい」

訪問看護ステーションにじは、開設して9年目を迎えます。今年度は、新スタッフが増えたり、入れ替わりもあり、総勢10人の看護師と理学療法士2人、事務1人の職場となります。

西神医療センターや地域の開業医にかかられている利用者さまばかりで、西区全域と東は垂水区神陵台、南は明石と広範囲にわたって訪問しています。

また、にじでは医療連携でひとつのグループホームにも定期的に訪問しています。

昨年は104歳の方の最期をはじめ、多くの方の方々の最期のお世話をさせていただきました。それぞれの人生の幕引きの時、どのように援助させてもらえばよいのか、いつもその大きなテーマに「これでよかったのか」と苦悩しています。

訪問看護は、本当に学ばされることが多いです。利用者さまの健康面はもちろん、その方の生きがいのある療養生活が送れるように、また日々笑顔と元気を届けられるような訪問看護をしたいと思っています。

みんな、訪問看護が大好きです!

  • 訪問看護ステーションにじ

施設データ

開設者 道上 哲也
施設長 大川 友枝
開設年月日 1999年7月1日
職員構成 看護師9名、理学療法士1名、事務2名
その他 定期的に事業所内での学習会やケース検討会など積極的なスキルアップ研修をしています。
自分の時間を使って外部研修に行ったり、時間外に行われている地域交流も含めた研修などにも参加しています。